分散システムに関する仕組み

CPUのメーカーがかかわるセキュリティーシステムの会社

コンピュータ、パソコンは多くの部品で構成されています。それらを組み合わせることで作られていて、現在では個々の部品を組み立てて自分で自作することも行われています。その中で最も重要とされるのがCPUです。パソコンは何をする道具かといえば基本的には計算です。表計算ソフトでは計算をしているイメージがありますが、ワープロソフト、映像ソフトなどすべてのソフトで計算が行われます。CPUでは高速の計算が行われています。

セキュリティーシステムを開発する会社はソフトウェアの開発会社になります。コンピュータ関連会社ではソフトとハードに分かれることがあり、一般的にはそれぞれ別々に開発されています。しかし最近はハード会社がソフトに、ソフト会社がハードを手がけることが出てきています。タッグを組んで商品開発をすることもあります。

セキュリティーで有名な会社がありますが、元々は独立系のソフトウェアの会社でした。現在は大手CPUのメーカーの子会社になっています。ソフトとハードを融合した開発が行われているのでしょう。セキュリティは常時使われるソフトなのでCPUとの兼ね合いは重要になります。CPUに合ったソフトの開発が進められています。

Copyright 2017 分散システムに関する仕組み All Rights Reserved.