分散システムに関する仕組み

セキュリティの防御システムと対策

セキュリティ対策では、インターネットでのウイルスの侵入を防ぐことがポイントですから、防御システムを構築しておくということが個人でも企業でも不可欠ということになります。その場合には大企業だと防御システムも現状だろうと考えます。しかし中小企業や裕福な個人の場合には、防御システムも手薄か無いかだろうと考えます。それでそれらの手薄なところに攻撃を仕掛けてくるということになるわけです。そのためにもセキュリティ対策のシステムの導入が不可欠になります。

それらの対策としては、侵入防御システムや侵入検知システムが非常に有効で、それらの制度が高いシステムを導入すると、より城壁の高い安全な住処で生活ができるのと同じになるということです。その他不正な情報の送受信を監視するようにしておくとか、外部からの物理的な侵入や、社員のモラルの向上なども高める必要があります。

いくらシステムが完璧でも、物理的に侵入されパソコンなどを操作されたり、ウイルスを侵入させられたりしては、たまったものではないということになります。中にはUSBステックのようなものをさりげなく机の中に入れておいたり、落としておいたりするという方法もあります。何だろうということで確認しようとすると、もう感染しているということです。そうなると社員の意識の問題ということになります。

注目リンク

Copyright 2017 分散システムに関する仕組み All Rights Reserved.