分散システムに関する仕組み

セキュリティのシステムとネットの情報

インターネットの情報でのセキュリティ対策ということも必要になりますが、それらの情報を常に防御しながら、セキュリティ対策のシステムの導入をすると、ますます厳重な防御になることは間違いないということになります。敵を知り己を知れば百戦危うからずという孫子の言葉がありますが、インターネットでは、統一的な警察などの監視機構はないのですから、自分で守らなければなりません。それでセキュリティ対策のシステムの導入が必要になりますが、その上で最新の情報は力になります。

例えばアダルトサイトを閲覧しただけで、ウイルスに感染するという情報があれば、アダルトサイトを避ければよいということができます。また信用ができないサイトなども避けて、いつものサイトだけを利用すればよいということで、そのうちに対策が生まれますから、その後閲覧すればよいということになります。そのように情報は非常に大切です。

社会でも色々な騙す手口がありますが、それらの情報を政府や警察、マスコミなども流すようにしています。そうすると引っかからないようになるということで、被害も減るわけです。特に自分たちの組織や会社がサイバー攻撃で狙われる可能性があるのですから、セキュリティ対策のシステムの導入とともに、そのような情報を常に知っておくという必要があります。

注目リンク

Copyright 2017 分散システムに関する仕組み All Rights Reserved.