分散システムに関する仕組み

有料のセキュリティシステム利用は7割ぐらい

パソコンは一度購入して利用しようとすると結構お金がかかります。多くの人はインターネットに接続します。インターネットへの接続ではプロバイダとの契約が必要となり、毎月一定の利用料がかかります。そのほかパソコンを快適に利用しようとするとソフトの利用があります。ソフトには有料のものがメインですが無料のものもあります。有料のものを購入しだすとそれなりにお金を使うようになります。無料のものなら出費を少しは減らすことができます。

セキュリティシステムを利用するときに有料タイプと無料タイプではどのくらいの割合になっているかのデータがあります。あるところが出したデータだと大体7割ぐらいが有料タイプを使っているようです。3割程度が無料タイプになるのでしょう。無料タイプでも性能がよいものがあり、十分対策できることもあります。

このソフトは基本的には毎年更新をする必要があり、機械1台に一つのソフトが必要になります。1つあたりの料金は5千円から1万円ぐらいすることもあり、それを毎年負担しようとすると出費も多くなります。現実としては有料タイプと無料タイプでは性能に一定の差があります。できれば有料を利用し、個人データを扱わないなどなら無料を使うなどでも問題は少なくなります。

注目リンク

Copyright 2017 分散システムに関する仕組み All Rights Reserved.